副拠点化

ここは福井駅から北に約1.5Kのところに位置する田原町駅。
えちぜん鉄道(三国芦原線※1)と福井鉄道(福武線※2)が結節しており、2016年3月から、えちぜん鉄道と福井鉄道との相互乗り入れが実現している。

現在、コンサートや市民イベントができる多目的待合室や広場の整備が進められている。
来年春の利用開始に向けて…
(来年、平成30年は福井国体の年。)

e0357660_23311280.jpg
      田原町駅付近1

e0357660_23343559.jpg
     田原町駅付近2(整備中)

e0357660_00030380.jpg
     田原町駅付近3(整備中)

e0357660_23515677.jpg
    田原町駅から
    フェニックス通りへ
    えち鉄から福井鉄道に乗り入れ

e0357660_23565207.jpg
       福井鉄道福武線

※1 起点福井口駅。あわら湯のまち駅(芦原温泉)経由、終点三国港駅。
※2 福井市と越前市を結ぶ路面電車。

e0357660_14552247.jpg
       出典:B.B.L.T

e0357660_21482192.jpg
     出典:マイナビニュース


e0357660_14542578.png
    出典:えち鉄三国芦原線
       ウィキペディア

駅周辺を歩いてみると
大学や高校、美術館、体育館などが集積しているけど
商店街の空き店舗だけでなく空き家も目立つ。

e0357660_23073788.jpg
      福井大学
     (この日は後期入試でした)

e0357660_23075973.jpg
      県内有数の進学校
      藤島高校

e0357660_23082680.jpg
       県立美術館

e0357660_23085429.jpg
    福井市フェニックス・プラザ
     (コンサートホール)

e0357660_23092564.jpg
       福井市立図書館
       (ピンぼけ~)
e0357660_23262014.jpg
       某サイトから

e0357660_23095120.jpg
        個人病院

e0357660_23143963.jpg
       福井市立体育館

なぜ人が集まらなくなったのだろう?
公共交通機関など利便性が良くなかったからだろうか!?

JR福井駅から田原町駅までのアクセスは
徒歩と福井鉄道利用で約10分。
相互乗り入れで利用客が増えてきたので
これからは人が集まり、賑やかさを取り戻すのだろうか^^

福井はクルマ社会なので、買い物は郊外の大型ショッピングセンターなどを利用することが多い。
この地域の人も、田原町商店街を利用しないことも少なくないらしい。
これでは、空き店舗が増えても仕方がないかな。

パン屋さんや惣菜屋さんなど、魅力的な商店も多いんだけどなぁ^^

e0357660_23301456.jpg
      田原町商店街1

e0357660_23522163.jpg
      田原町商店街2

e0357660_23525200.jpg
       パン屋さん
       日曜日は休み?

e0357660_23281317.jpg
      商店街を横切る
      えち鉄三国芦原線

じゃあ、どうしたらよいのか。
昔のような賑わいを取り戻し、地域が活性化するには…

このような状況の中、コンパクトシティ化を進め福井市中心市街地とのネットワークを強化する必要がある。
人口減少、超高齢化社会を意識しながら…

そこで、福井市が取り組むのは
田原町駅周辺を副拠点化するための「都市機能誘導区域」の指定。

都市機能誘導区域とは…
簡単に言うと、地域の賑わいを取り戻すため、病院をはじめ医療施設とか保育園、老人ホームなどの福祉施設、大型ショッピングセンターをはじめ商業施設等の立地を容易にする区域のこと。

都市機能を誘導するにしても、郊外の大和田エリアにある大型商業施設等と競合しないよう、市民のニーズを十分把握しなければならない。

現在は、郊外が活性化(都市が無秩序に拡大)していくスプロール(虫食い)化のため、中心市街地や副拠点の賑わい創出が大きな課題なのである。

少子高齢化を見据えて施設を集約し、高齢者らが歩いて暮らせるまちづくりを目指す必要がある^_^


 


 




[PR]
by naoharu326 | 2017-03-25 14:13 | Comments(0)